Menu

九鬼建築の家づくり

Home

家づくりのポイント

○自由な設計

○自由な設計

いくつか決まった設計プランの中から選択していただくのではなく、自由に構造を決められるのが特徴。
家族構成、ライフスタイル、好み等を配慮し、実用的な家であることはもちろん、笑顔で楽しく暮らせるお気に入りの家ができるようお打ち合わせも入念に行います。

長く住めるお気に入りの家造りを目指しましょう。

○納得の施工

○納得の施工

自由に設計できる分、費用が・・・と気にされる方は多いかと思います。
九鬼建築では無駄なコストをかけずに、デザイン性のある安心安全な住宅を建てられます。

納得のいく家を納得の価格でご提案しています。

○土地柄を把握した施工

○土地柄を把握した施工

九鬼建築は地域密着型の建築会社です。
そのため、気候など土地の特徴に配慮した住みやすい家をご提案することが出来ます。

毎日生活する家ですから快適さも求めた設計を考えます。

○プロ集団

○プロ集団

家は家族を守ります。
その家が安全でなければ意味がありません。
九鬼建築の職人は経験豊富で、各々が専門的知識を十分に持ち、その職人が協力し合って一軒の家を造り上げます。

○充実のアフターフォロー

○充実のアフターフォロー

・聞いてみたいことがある
・修理してほしい箇所がある
など、家は常に風雨にさらされているため、長年住んでいれば不備が出てくることもあります。
「どこに相談しようか・・・」と悩まずいつでも相談できる体制が整っているのが当社の強みの一つです。
「少しだからいいかな」と思わず、いつでもご相談ください。

また、メンテナンスも承りますので「気になる」「困った」など、家の事で何かあればお気軽にご相談ください。

○素材を活かした自社加工

○素材を活かした自社加工

使用する材料は他社に頼まず、当社で加工しています。
これにより素材をしっかり確認出来、本当にいい素材がどういったものなのか、スタッフ全員が把握することが出来るのです。
また、不備があればすぐに交換出来るので、施工時間も短縮できますし、建てた後に不備が見つかった…なんてことが無くなります。

素材を活かし、自社加工を行う事で安全性も大幅に上がるのです。

注文住宅

まず最初に考えること

まず最初に考えること

家づくりは人生で一度あるかどうかの一大プロジェクト!
だからこそ考えたい点もたくさん出てきます。
その中で特に重視しなければならないこと。それは「構想」と「依頼先」です。

自分の家の間取りをどのようにしたいか、部屋の広さはどこまで大きくするか、内装はどうするかなど・・・自分だけの家を作れる注文住宅だからこそ、決めておきたい部分はたくさんあります。

しかし、構想を練る上でコストの問題に当たるケースもあります。
そんな時に見る部分こそが依頼先なのです。
大手メーカーだから信頼できる。
それも一理ありますが、逆に中小の工務店や設計事務所は大手と比べ安く仕上げられたり、人柄の良さがあったりと様々な部分で対応しているのです。

二度と無いからこそ、自分の家についてどのような家にし、どこに依頼するか考えてみましょう。

注文住宅のメリット

注文住宅のメリット

注文住宅は「自分だけの家」を建てられるという唯一のメリットがあります。
唯一といってしまうと少ないように見えてしまいますが、自分だけの家を考えるにあたって、様々な内容を考えなければなりません。

まずは自分の家を建てる土地、間取りや構造、内装などの仕様、他にも価格面での交渉や期間の設定など・・・自分だけの家を建てるには、様々な課題が積み重なっています。
しかし、そんな課題もこれからの生活を考えると苦にならないもの。
むしろどのようにしてやりくりしていくかを考えるのは楽しいものです。

注文住宅は一種の創作とも言えます。
人生でおそらく一度きりであろう大作を作り、後世に残しておける。
それもまた注文住宅のメリットと言えます。

住宅リフォーム

リフォームについて

家をきれいに建て替えるリフォーム。
一見すると便利そうに聞こえますが、メリットとデメリットを考える必要があります。

○メリット

・費用を安く済ませられる
・新築物件と遜色ない仕上がり
・新築物件と比べ施工期間も短い
・リフォーム内容も幅も広い

まとめるなら「手軽」の一言に尽きるかもしれません。
リフォームには時間や予算の悩みを解決しつつ、家美しく生まれ変わらせるという手軽さがメリットです。

○デメリット

・構造の老朽化はそのまま
・耐震性への不安
・構造によっては間取りの変更ができない
・新築より高くなる可能性がある

こちらは「建物自体は古いまま」ということが原因です。
いくらリフォームを行っても内部構造や耐震性はそのままになってしまうのです。

家の築年数や状態によって新築にするかリフォームにするか考えても良いでしょう。
新築は高いように感じるかもしれませんが、ランニングコストを考えると安上がりなケースも多々あります。

オール電化をお考えの方へ

オール電化をお考えの方へ

住居を構成するガスや電気、これらを電気一本にまとめてしまうのがオール電化です。

オール電化には、
「料金を別々に払わなくて済む」
「太陽光発電を有効活用できる」
という優れたメリットがあり、なんといっても省エネで近未来的な住居というイメージを持たれるかもしれません。

一方でオール電化には、
「火力不足になりやすい」
「電気料金の値上がりが家計を逼迫(ひっぱく)する」
というデメリットもあります。

オール電化では、火ではなくIHクッキングコンロを使いますが、大火力を用いる炒め物には向いていないと言われています。
近年は火力が出るようになったとは言え、まだガスのアドバンテージが高い部分とも言えます。
また、電気料金が値上がりすれば当然ガスやお風呂、暖房といったあらゆる電化製品は軒並み値上がりし、価格変動が大きく影響します。

火力を求めるのであればこれまで通りガスがいいですが、もしそこまで気にしないようであればオール電化をおすすめします。
電気代はこれから値下がりする可能性もあり、近い将来IHでもガス並みの大火力を出せる機種が出る可能性も十分あります。

オール電化は進歩し続けるからこそ、ガスにはないアドバンテージを持っているのです。